ライフ

意識高い系で終わってしまう人の特徴

2021年5月24日

意識高い系と言われる人がいます。

 

読者の方にも意識高い系の人がいるかもしれません。

 

 

この記事を読んでいると言うことは、「自分は意識高い系だから努力してもなかなか結果がでない」と言うことを自覚しているのではないでしょうか?

 

意識高い系のひとは文字通り「意識だけが高い人」であり、成功を手にできていない人のことを指します。

 

もちろん意識が高くて成功を収めている人はいますが、その人は成功しているから批判対象にはならないでしょう。

 

問題なのは意識だけが高くて、何も成果を出せていない人です。

 

 

おそらく僕が思うに、意識だけが高くて成果を出せていない人は根本的な原因があるのだと思います。

 

 

スポンサードサーチ

意識高い系の特徴

意識高い系の特徴としてどんなものが挙げられるでしょうか?

 

そもそも意識高い系ってどんな人のことを指すのでしょうか?

 

 

意識高い系の人は「自分のことを特別な存在」と考えている人です。

 

自分は「その他大勢の人間とは違うんだ」という意識が以上なまでに高く、特別な存在なんだと思い込んでいる人です。

 

 

また、特別な存在とは思ってなく、「自分は凡人」と本気で思っている人もいます。

 

でも「自分は凡人」と思っていても、ただ意識高い系で終わっている人もいます。

 

 

「自分は特別な存在」と勘違いしている意識高い系の人はまずは「自分は特別な存在」という考えを外すことから始まります。

 

でも人生20〜30年ぐらい生きていれば「自分は特別な存在ではない」と誰しも気づくはずです。

 

なぜなら挫折しまくるからです。

 

挫折しまくれば、よほどの勘違いさんでなければ「自分は特別な存在ではない」と気づくはずです。

 

 

問題なのは「自分は凡人」と思っていてもなお意識高い系のままな人です。

 

これは本当に曲者だと思います。

 

「自分は特別な存在だ!」と思っている人は態度、立ち振る舞いで周囲の人を不快にさせたり、うざがられたりするので、いかにもって言う感じで分かりやすいです。

 

いい人生の先輩キャラ的な人だったら、「お前はただのポンコツだ!」と言って勘違いを醒ましてくれるので。

 

でも「自分は凡人」と考えている人は周囲から見たら「謙虚な人」なのです。

 

「謙虚な人」なので批判の対象になりにくく、意識高い系とは思われずらいです。

 

謙虚だからこそ、自分のことを客観視できており、他人にも「自分はこう言うところがダメなんだ。だからこういう所を直していきたい。」って言うので他人からは「自分を客観視していてデキる人」みたいな印象になりやすいのです。

 

同時に意識が高いので、自分の実力より高い目標を設定してそのイメージばかりに追われます。

 

そして意識高い割にはあまり結果がでないので、「自分がイメージしていたのと違う」と言うことに陥ります。

 

周囲の人も、「あれ?意外と結果が出てないのね。」と言う感じに。

 

 

こんな風に他人からは高評価を得ている、ないしは前評判が高かったのに、終わってみれば意外と大した成果が出せていない人がいます。

見た目を気にしすぎ

意識高い系の人は自分をよく見せたい気持ちが強すぎる傾向にあります

 

実は「自分は凡人」と考えている人でも意識高い系で終わる人の特徴は、「自分は周りからどう見られているか」を気にしすぎる傾向にあるかと思います。

 

もちろん「自分は特別な人間と思っている勘違い君」も人からどう思われているかを気にする系がさらに強いと思います。

 

 

例えばスターバックスでMacBookを開いている人がいます。

 

意識高い系の人は、作業に集中しているのではありません。

 

「スタバでMacを開いている自分かっこいい」みたいに、スタバでMacを開いている自分の姿に酔いしれて、スタバでMacを開いている自分の姿をだけを想像しています。

 

これは痛いです。

 

 

もちろんスタバでMacを開いている人全員がそうではないと思います。

 

意識高い系で終わる人は「人からどう思われているか」と言うことばかり考えています。

 

本来なら「人からどう思われるか」より「成果をあげること」に注力しなければいけません。

 

 

スタバでMac開いている人が「成果をあげるための作業に全集中」しているのであれば、何も問題ないです。

 

問題なのはスタバでMac開いていて「俺かっこいい」と思っていて作業に半分くらいしか集中できていない人です。

 

スタバでMac開いている自分のセルフプロデュースに集中しまくっていて、作業が全然進まず、気付けば3時間経っていた…

 

本当にどうしようもないです、その人。(ここだけの話、昔の私がそうです…)

 

ともあれ、どうしても人からどう思われているかっていうのは気にしてしまうものだと思います。

 

だからこそ、意識高い系の人に声を張っていいたいのです。

 

「誰もあなたのことに興味ありません」と。

 

 

いくら自分の見た目を気にしても、街ゆく人は、見ず知らずの赤の他人であるあなたには興味ありません。

 

だからあなたも見ず知らずの赤の他人のことなんか気にしちゃいけません

意識が高いのは素晴らしいこと

意識が高いこと自体は悪いことではありません。

 

むしろ賞賛されるべきことです。

 

 

世の中の大半は意識すらしない人ばかりです。

 

意識が高いのは少しでも成功したい、成果をあげたいと言う向上心の表れとも言えます。

 

 

それすら思わない人と比べたら、もうそれだけでその他大勢から抜け出せています。

 

その他大勢の何も考えていない凡人とは一緒にされたくない、そんな価値観の人間とは一緒にやっていけない。

 

そう考えているはずです。

 

だから、もう一歩踏み出したいですよね。

 

もう1ステージレベルを上げて、その意識の高さを行動レベルにまで持っていきましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ホリトモ

北陸出身のサラリーマンブロガー。 安定を求めるために大手で働くことへの息苦しさに疑問を持つ。 フリーランスとして”安定と自由”を両立する生き方を求め、「なりたい自分になる」をコンセプトとしたブログを展開。悩める読者と共に悩み、共に生きるコンテンツを提供していきます。

-ライフ

© 2021 HORITOMO BLOG Powered by AFFINGER5