侍エンジニア塾

侍エンジニア塾の転職コースの就職先は?料金や4週間と8週間プランの違いについても解説

2021年8月8日

エンジニアに転職を考えているけど、侍エンジニア塾の転職コースが気になる
4週間とか8週間プランとかあるけど、就職(転職)先ってどうなのかな?

 

侍エンジニア塾は人気の大手プログラミングスクールです。

 

6つのコースに分かれていて、その内の一つが「転職コース」と言われるものです。

 

 

エンジニア志望の方で、この転職コースが気になる方は多いようなので今回はこれについて詳しく解説したいなと思います。

 

記事の内容

  • 侍エンジニア塾の転職コースでエンジニアになれるのか、就職先を解説
  • 料金や4週間プランと8週間プランの違いについて解説

 

 記事の信頼性

記事を書いている僕はプログラミングスクールに通い、未経験からエンジニアに転身しました。

自分のプログラミングスクールでの経験をもとに解説します。

スポンサードサーチ

侍エンジニア塾の特徴

侍エンジニア塾についてあんまり知らない方のためにざっくり特徴や強みを解説したいと思います。

 

ここではざっくりとしか解説しないので、こちらの記事で侍エンジニア塾について網羅的に取り上げていますので、よかったらどうぞ。

 

6つのコースがある

侍エンジニア塾はプログラミングなどITに関わる知識を学べるオンラインのテクノロジースクールです。

 

このようなテクノロジースクール、プログラミングスールは今世の中にたくさんありますが、その中で侍エンジニア塾は何が違うのでしょうか。

 

まず侍エンジニア塾は現在6つのコースに分けられています。

 

それが以下の通りです。

 

侍エンジニア塾のコース一覧

  1. デビューコース
  2. エキスパートコース
  3. AIコース
  4. 転職コース
  5. Webデザインコース
  6. フリーランスコース

 

このようにそれぞれ目的別に合わせてコースを選択し、受講することが可能です。

 

そしてそれぞれのコースから受講できる期間を選択することができ、4週間プランから48週間プランまで設定されています。

講師が専属でつきマンツーマンで指導してもらえる

侍エンジニア塾のざっとした商品体系は以上の通りですが、他のスクールと中身はどう違うのでしょうか。

 

まず、侍エンジニア塾はマンツーマン指導であることです。

 

僕はこういったスクールを「家庭教師方スクール」と言っています。

 

家庭教師のようにマンツーマンで指導してもらえ、分からない部分を質問できるというような環境が用意されています。

 

教えてくれる講師も現役エンジニアなので、実務で活かせる技術を吸収して自分のものにできるというメリットがあります。

オリジナルのカリキュラムに沿って学習できる

侍エンジニア塾のもう一つの大きな特徴がオリジナルカリキュラムに沿って学習するというものです。

 

普通のスクールでは受講生全員に同じようなカリキュラムを習わせます。

 

するとどうなるかというと、最終的に企業に提出するポートフォリオのオリジナルサービスが似通ってしまうという現象が起こります。

 

そうなると選考の際に技術面での差別化する要素がなくなってしまいます。

 

 

ですが、オリジナルカリキュラムからつくるサービスは人それぞれ違ってきます。

 

完全独自でゼロから作り出したサービスは企業側から見ても差別化につながります

 

また、オリジナルでサービスを作るとなると必ずオリジナルのエラーに出くわします。

 

このオリジナルのエラーはネットで検索しても最適な解決策が得られず、挫折につながりやすいですが、こういったこともマンツーマン指導の講師が面倒を見てくれるのです。

 

多くのプログラミングスクールではオリジナルサービスの制作支援はコスト面などからやらない事が多いです。

 

その中で侍エンジニア塾ではオリジナルサービスの制作支援を行ってくれるので、大きな差別化になっています

 

 

こう言った所以から侍エンジニア塾は人気のプログラミンスクールとなっているわけなんですね!

侍エンジニア塾の転職コースについて

さてここまで侍エンジニア塾についてざっくり紹介しましたが、肝心の「転職コース」についてですね。

 

転職コースというとその名の通り「転職」するためのコースなので、他のコースより転職することにこだわって進めていくということになります。

 

他のコースと同様に専属講師がついてともにオリジナルカリキュラムの学習を進めていき、専属のキャリアアドバイザーがついて転職活動を行うという感じですね。

転職コースの料金

侍エンジニア塾の料金表は以下の通りです。

 

  4週間プラン 8週間プラン
入学金 ¥98,000
一括(一般) ¥58,000 ¥190,000
分割(一般) ¥2,417/月 ¥7,917/月

 

転職コースは他のコースと比べお手頃の値段設定になっているのです。

 

転職成功で受講料無料

ただひとつポイントがあって、それは転職すれば受講料は無料になるのです。

 

無料で受講する希望を出したら、審査を受け、先にデポジット(預かり)金としてお金を入金します。

 

デポジット金は入学金+受講料の10%になります。

 

そして侍エンジニア塾が紹介した企業に転職すればそのデポジット金が返金され、実質無料となって転職できるという仕組みです。

 

転職成功すれば無料ですが、必ず侍エンジニア塾が出した求人から転職することが条件なのでそこは注意ですね。

侍エンジニア塾の受講プラン

侍エンジニア塾の転職コースは最短で1ヶ月で転職可能と謳っています。

 

プランを見ると4週間プランと8週間プランに分かれています。

 

4週間だと約1ヶ月、8週間だと約2ヶ月という期間になりますけど、これらの学習内容とかの違いについて気になるのではないかなと思います。

 

ここからは僕の予想、個人的な見解を解説したいと思います。

4週間プラン

4週間は1ヶ月あるかないか、という非常に短期の期間です。

 

なので、このプランで目指せるのは

たった4週間で転職が決まるような就職先をみつけて、転職活動を行うというのが目標でしょう。

 

率直に言って、例えば全くのプログラミング未経験がプログラミングを学習してポートフォリを作って、転職活動を行ってWeb系企業へエンジニアとして転職というのは実質不可能です。

 

1ヶ月でそのレベルに持っていくのはほぼ無理でしょう。(実務経験ありの人は別だと思います。)

 

 

なのでこのプランはプログラミングとかの勉強はほどほどにして、早めに転職活動の準備を行って履歴書の添削とか面接対策をして転職を行うというプランになるかなと想像できます。

 

というか転職コースなわけなので、必然的にそうなるとは思います。

 

 

料金は安いですが、あまり高望みとかはしない方がよさそうです。

 

例えばWeb系ではなく、インフラ系の企業だとインフラの運用は未経験からでもスタートしやすいので、そう言ったところが中心になるのではないかなと思います。

 

なので完全未経験からでも就職先として受け入れる企業もあることはあるので、ブラックではないけれど、それなりにいい企業も紹介先として持っているはずなので、そう言ったところに受かるような努力をこの4週間でやりきるということになると思います。

 

転職活動の期間をそれほど長く取れないという方にはおすすめのプランかなと思います。

8週間プラン

8週間プランですが、これも4週間プランと同様になってしまうのが僕の予想ですかね。

 

8週間というと2ヶ月あるかないかになりますが、やはり未経験から行けるところは限られてくるかなと。

 

でも4週間にくらべれば勉強する時間は増えるのでポートフォリオの作成に取り掛かることは可能かなとは思います。

 

 

このコースに関しては、例えばある程度プログラミング学習は受講が始まる前から終わっていて、始まった瞬間にポートフォリオの制作に取り掛かり転職活動も並行して進めていくというのでこのプランを選ぶのはありかなと思います

 

というのも、エキスパートコースというのがあり、こちらは学習期間は十分に確保できるプラン(12週間プランなど)がありますが、それだけ料金は高額になります。

 

なのでプログラミング学習は独学でやりきれるけど、履歴書とか面接対策についてサポートが欲しい、料金も抑え目にしてポートフォリオの制作に集中して取り掛かりたい!という方には良い選択肢なのではないかなと思います。

 

そうすればある程度人気の企業にも狙い目をつけることは十分可能です。

 

もちろん、完全未経験で時間とお金をある程度許せる方でもこのプランは受けても損はないかなと思います。(でもそういう方は期待値をあまり高めないようにした方がいいかと)

侍エンジニア塾の転職コースの就職先

さて転職コースで最も重要な転職先についてですね。

 

これは先の4週間プランと8週間プランのところでちらっと書きましたが、その期間内で就職できる現実的なところが就職先となるのが僕の見解です。

 

ネットの情報では色々出ていると思います。(この記事もネットの情報ですが)

 

転職コースはあくまでプログラミングを勉強することより、転職するための活動にフォーカスしているコースなので、重要なのは自分のレベルで行けるような企業にアプローチして履歴書と面接の対策を講じていくということになります。

 

なので、未経験者からでも受け入れる企業は主な就職・転職先となるでしょう。

 

例えばこう言ったところです。

 

  • SES企業
  • インフラ系・SIer系企業
  • ハード・ソフトウェア開発系企業
  • Webアプリのテスター・セキュリティ専門の企業

 

こういったところは未経験者・ポートフォリオが特になくても就職可能な企業であります。

 

もちろんこう言った企業は、エンジニア志望の方からするとあまり人気ではないと思いますが、僕個人的な意見としては上記のような企業に入ってもエンジニアとしてのキャリアを積んでいけることは十分可能だと思います

 

自分の努力次第で如何様にもなるので、ぜひ頑張って欲しいです!

より詳細な情報は無料カウンセリングで聞いてみましょう

今回は侍エンジニア塾の転職コースについてのレビューでしたが、いかがだったでしょうか。

 

特に4週間プランと8週間プランについては僕自身の経験から基づく予想になるので、違う部分があるかもしれませんが、より詳細な情報は無料カウンセリングで聴けたりします。

 

侍エンジニア塾のホームページから無料体験や無料カウンセリングが受けられ、プランの内容についてや他のコースと検討しているんだけどどうなんだろ?といった疑問にも答えてくれるはずですので、気軽に相談できます。

 

転職は人生のターニングポイントとなる大事なものなので、積極的に行動してみましょう。

>>無料体験と無料カウンセリング

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ホリトモ

ITエンジニア&ブロガー| 大学卒業後、新卒で大手物流企業へ。 年功序列の企業体質に息苦しさを感じ、自分の実力が正当に評価されることを求め、現在は都内のITエンジニアとして勤務。その傍ら、2019年より始めたブログ運営でエンジニア志望の人たち向けにブログを執筆。 最高月間PV数は50,000PV

-侍エンジニア塾

© 2021 HORITOMO BLOG Powered by AFFINGER5